山本 徹 Toru Yamamoto(バロックチェロ)

東京藝術大学、同大学院古楽専攻、チューリヒ芸術大学修了。チェロを土肥敬、河野文昭、北本秀樹、鈴木秀美、ルール=ディールティーンスの各氏に師事。東京藝術大学バッハカンタータクラブにて小林道夫氏の指導のもと研鑽を積む。

2008年第16回ライプツィヒ国際バッハ・コンクール第2位、2011年ブルージュ国際古楽コンクール審査員賞、ファン・ヴァッセナール国際コンクール優勝。2010年度文化庁新進芸術家海外研修員、2011年度ロームミュージックファンデーション奨学生。

バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカなど主要な国内外のオリジナル楽器オーケストラのメンバーとして定期公演・録音・海外ツアーに多数参加。

最近では東京藝術大学での集中講義「古楽器概論」、シンガポール国立大学音楽院でのマスタークラス、ムジカ・アンティカ湘南をはじめ各地でのレクチャー等、後進の指導とオリジナル楽器の普及にも力を入れている。

2006年に第2位受賞の国際古楽コンクール<山梨>では2017年に審査員を務める。