概要と実績

新・福岡古楽音楽祭の概要

 18世紀音楽祭協会により1999年(平成11年)より開催されてきた「福岡古楽音楽祭」が、「新・福岡古楽音楽祭」として福岡県、福岡市のご支援のもと実行委員会体制により再スタートし早や5年が経過しようとしています。昨年は第5回記念としてモンテヴェルディの歌劇「オルフェオ」公演をはじめ周年事業を好評のうちに終了することができました。

 今年は新体制になって5周年、前身の「福岡古楽音楽祭」開幕から数えて20周年に当たります。平成から令和へと年号も変わりましたが、引き続き旧音楽祭以来のミッション(1.プロのコンサート 2.アマチュアの発表の場 3.参加者の研鑽と交流の場)を忘れずに、これまでの歴史を踏まえつつ、未来に向かって「古楽」に繋がる交流の輪を広げていきたいと、気持ちを新たにしております。

 我が国における古楽の黎明期から古楽を愛好する人々によって育てられてきた音楽祭の理念を継承し、福岡から古楽の魅力を発信していきます。これからも皆様の変わらぬご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

実行委員長 村山暁


新・福岡古楽音楽祭実行委員会 会則

PDFをご覧ください。


新・福岡古楽音楽祭 過去の活動実績

2017%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

第3回 2016/10/8~10
「爛熟のパリ・ロココ」

2014メイン

第1回 2014/10/11~13
「ルネサンスからバロックへ」


新・福岡古楽音楽祭
アクロス福岡