古楽い・ろ・は・塾

<Vol.4> 400年前のイタリア音楽 ~ 古楽器の魅力

古楽のエキスパートが古楽の魅力をお話しします。
今回は400年前の「器楽の役割」と「音楽の背景」を、実際の演奏とともに解説します!

♪上野先生からのメッセージ♪

今から400年ほど前、日本においては安土桃山時代の頃、ヨーロッパではどのような場所で、どのような楽器が活躍していたのでしょうか?16世紀末から17世紀、特にイタリアはルネッサンス以来、芸術に花開いた時代でありました。ヴェネツィアでは編成も大きく贅を尽くした壮麗な音楽の催しが至る所で行われていたそうです。この時代の楽器はキリスト教布教活動を目的として、実は九州にオルガンなどが持ち込まれたという記録も残っています。私たち日本人にもゆかりのある音楽、そして楽器達の面影にふれてみましょう!
講師上野訓子 (ファゴット奏者)
日程2024年10月9日(水) 14:00〜15:30(13:30開場)
会場円形ホール(アクロス福岡1F)
受講料1,000円
対象古楽初心者の方、もう一度学びなおしたい方、どなたでも参加いただけます。
定員100名 ※先着順。定員になり次第締め切ります。

受付期間:2024年7月15日(月・祝)10:00 ~

2023年の様子(講師:寺神戸亮)