安積道也

シュトゥットガルト並びにフライグルク国立音楽大学にて、教会音楽科A課程と指揮科(合唱指揮)を最優秀で修了。ドイツ国家資格教会音楽家最高位(A級カントール)取得。2004年第1回バイロイト・レーゲンスブルク合唱指揮者コンクール優勝。在独中、ギュンタースタール聖マリア教会音楽監督とドイツ・フランス合唱団フライブルク常任指揮者を兼任。グレゴリオ聖歌を橋本周子、G.ヨッピヒ、B.シュミットに、合唱指揮をM.シュルト・イェンセン、H.M.ボイヤレに、声楽をE.B.ヒレマンの各氏に師事。 2009年より西南学院音楽主事。学院の音楽事業を手がける傍ら、全国各地で客員指揮、オルガンコンサート、合唱団や講習会の指揮や指導を精力的に行っている。教会音楽の演奏と実践を専門とし、小編成のアカペラから管弦楽付きオラトリオ作品まで、レパートリーは幅広い。
西南オラトリオ・アカデミー常任指揮者。エリザベト音楽大学非常勤講師。キリスト教礼拝音楽学会理事。
  7b6dac3c-fca9-4752-8019-d46a5d1dde2b