プレイベントⅢ アクロス・ランチタイムコンサートvol.69「ラ・フォンテヴェルデ」

日本を代表する声楽アンサンブルの演奏で、モンテヴェルディのマドリガル名曲の数々をお楽しみください!


2018年10月23日(木)開演 12:00(開場 11:30)

[会場] アクロス福岡 シンフォニーホール

【全席自由】1,000円
 ※2018年6月3日(日)一般発売開始
出演 *ラ・フォンテヴェルデ(声楽アンサンブル)より*
鈴木美登里(ソプラノ)、染谷熱子(ソプラノ)
上杉清仁(カウンターテナー)、谷口洋介(テノール)
小笠原美敬(バス)

伊藤美恵(ハープ)
上尾直毅(チェンバロ)
曲目 モンテヴェルディ:マドリガーレ集より
《第4巻》
 ああ、辛い別れ Ah, dolente partita
 星に向かって Sfogava con le stelle
 私は若い娘 Io mi son giovinetta
 そうなのだ、死にたいのだ Sì ch’io vorrei morire
《第7巻》
 ああ、僕の愛しい人はどこ? Ohimè dove il mio ben?
《第8巻》
 ニンファの嘆き Lamento della Ninfa
 愛の神、この油断ならない敵は Gira il nemico insidioso, Amore
《第9巻》
 素敵な羊飼いさん Bel pastor
チケット取扱所 ○ アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112(10時~18時)
チケットぴあ TEL:0570-02-9999(Pコード:105-335)
ローソンチケット TEL:0570-000-407(Lコード:83022)

> チケット購入方法はこちら
お問合せ アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112(10時~18時)
≫主催者(アクロス福岡)の公演ページへ

※諸事情により、記載内容が変更になることがありますので予めご了承ください。

コンサートチラシ

 

■出演者プロフィール

ラ・フォンテヴェルデ La Fonteverde(声楽アンサンブル)

ラ・フォンテヴェルデ 「La Fonteverde」は2002年に鈴木美登里を中心に結成された日本では数少ない本格派声楽アンサンブル。16世紀~17世紀イタリアのマドリガーレをレパートリーの中心に据え、当時の声楽曲の本質である「言葉と音楽の融合」を目指し、年に2回の定期演奏会とクリスマスコンサートをベースにした着実な活動を展開。ソリストとしても各方面で活躍中の実力派メンバーによって構成されている。2013年より開始したクラウディオ・モンテヴェルディのマドリガーレ集全9巻の全曲演奏と録音のプロジェクトは各方面から注目されている。現在「第4巻」までのCDがリリースされ、いずれも高い評価を受けている。

伊藤美恵 Mie Ito(ハープ)

伊藤美恵 2011年渡英。奨学金を得てギルドホール音楽院大学院古楽科に入学。古楽ハープをアンドリュー・ローレンス=キングに師事。これまで通奏低音奏者としてキングス・カレッジ聖歌隊、エンシェント室内管弦楽団(AAM)他、ロンドンを中心に数多くのバロックオーケストラやアンサンブルと共演。エマ・カークビー、イアン・ボストリッジなど海外の著名な演奏家との共演も多い。日本では北とぴあ国際音楽祭、ヘンデル・フェスティバル・ジャパンのオード「アレグザンダーの饗宴」(ハープ協奏曲付)に出演。

上尾直毅 Naoki Ueo(チェンバロ)

上尾直毅 東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を卒業後オランダに渡る。オランダではチェンバロとフォルテピアノを学びそれぞれソリストディプロマを取得。現在、国内でレ・ボレアード(指揮:寺神戸 亮)、オーケストラ・リベラ・クラシカ(指揮:鈴木秀美)、声楽アンサンブル「ラ・フォンテヴェルデ」などで活躍している。2012年より雑司ヶ谷「拝鈍亭」にてハイドンの鍵盤作品全曲演奏会のシリーズを進行中。桐朋学園大学音楽学部講師。