ラ・フォンテヴェルデ La Fonteverde (声楽アンサンブル)

2002年に結成された日本では数少ない本格的マドリガーレ・アンサンブル。16~17世紀初頭イタリアのマドリガーレをレパートリーの中心に据え、マドリガーレの本質である『言葉と音楽の融合』を目指す。ソリストとしても活躍中の実力派メンバーによって構成されている。美しく緻密なアンサンブルと豊かな表現で、これまで多くの聴衆を魅了してきた。アルテ・デラルコ・レーベルからリリースされた1st.アルバム『響きの文学』はレコード芸術誌準特選盤、『カルロ・ジェズアルドの芸術』は朝日新聞『for your Collection』推薦盤、レコード芸術特選盤に選ばれる。2013年よりクラウディオ・モンテヴェルディのマドリガーレ集全9巻の全曲演奏と録音を開始し2018年に完結。CDは現在「第7巻」までがリリースされ、レコード芸術誌特選盤に選ばれるなど、いずれも高い評価を受けている。2018年9月にクロアチアの「ヴァラジュディン・バロック音楽フェスティバル」に出演し、最優秀演奏賞を獲得した。