曽根麻矢子 Mayako Sone (チェンバロ)

実力、人気ともに日本を代表するチェンバロ奏者。1986年ブルージュ国際チェンバロ・コンクールに入賞後、故スコット・ロス氏に指導を受ける。

1991年には、エラート・レーベル初の日本人演奏家としてCDデビュー。以後イスラエル室内オーケストラの専属チェンバロ奏者、現代舞踊家とのコラボレーションなど多彩な活動を開始。国内でもリサイタル、室内楽と積極的に活動し、とりわけ、2003~09年、6年間12回にわたるJ.S.バッハ連続演奏会が注目を集め、2010~14年にも全12回のクープランとラモーのチェンバロ作品全曲演奏会を行い、好評を博した。2018年、フランスでおこなわれたスカルラッティのソナタ全555曲を演奏するフェスティバル「スカルラッティ555」に出演。その模様はラジオフランスでも放送された。

2019年アサス城にて行われたスコット・ロス30周忌追悼コンサートに出演。

録音は「J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲」ほか14枚のソロCDをリリース。出光音楽賞、飛騨古川音楽大賞奨励賞を受賞。

2011年より2018年まで「チェンバロ・フェスティバル in 東京」芸術監督を務めた。
2018年より「チェンバロを学ぼう!」シリーズを松本記念迎賓館にてスタート。国内外の一流アーティストを招き、通奏低音やバロックダンスなどの多彩なテーマによる、演奏家ならではのレクチャーやマスタークラス等をプロデュースしている。

2020年秋より、Hakuju Hallにて、J.S.バッハの主要作品を数年間にわたって演奏するコンサートシリーズをスタートさせる。

曽根麻矢子オフィシャル・ウェブサイト http://mayakosone.com/